週刊誌のジャニーズ人気ランク 伊野尾慧はなぜ嫌われる?

  • 2017.04.30 Sunday
  • 08:20
ごきげんよう。管理人です!! 驚くようなニュースが起きたら、 ブログも書きたくもなりますよ じゃあ本題に入りましょう。

「好きなジャニーズ、嫌いなジャニーズ」特集を週刊女性と週刊文春が掲載している“嫌いな”部門が大荒れだ。SMAPの解散問題で“ぼっち化”が進んだキムタクが1位なのだが、それより注目されているのがHey!Say!JUMP伊野尾慧(26)の大躍進(!?)。

 昨年の圏外からいきなりトップ10入り。「甘えんぼキャラ」をウリにしているが、昨年9月にセクシーアイドル「恵比寿★マスカッツ」の明日花キララ(27)とのデート報道、12月には自身が出演するフジテレビ系「めざましテレビ」の三上真奈アナ(28)と、裏番組のTBS系「あさチャン!」宇垣美里アナ(26)の二股報道と女性関係が次々発覚。

 NEWSの手越祐也(29)に続く「羊の皮をかぶった狼王子」ともっぱらで、ネット上でも「カワイコぶって裏の顔が酷い」「許されていると思っているのが腹立たしい」など伊野尾を非難するコメントが多い。

 そこで本紙も10代のジャニーズ好き女子たちを取材してみると、「ファンになると(伊野尾の)本性が見えてきて嫌いになる人が多い」(18歳・大学生)、「手越はある意味レジェンドだけど、伊野尾は手越のマネしてるだけ。イラッとする」(17歳・高校生)、「計算がバレてる時点でダサい」(19歳・大学生)と、ファンのコア層である10代にも見透かされている様子。

 “二番煎じ王子”のままなら来年は更に嫌われそうだ。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    巨匠コッポラの妻、80歳で長編劇映画監督デビュー「ボンジュール、アン!」7月公開

    • 2017.04.30 Sunday
    • 08:13
    こんにちは管理者です!! 今日も見てくれて嬉しい限りでございます。 世の中のいろいろな話題をお伝えします。

     [映画.com ニュース] 巨匠フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが80歳にして初長編劇映画監督を務めた「PARIS CAN WAIT」が、「ボンジュール、アン!」の邦題で公開されることが決定した。

     世界的な映画監督の夫や、女性監督として活躍する娘ソフィア・コッポラ、脚本家・プロデューサーのロマン・コッポラといった“映画一家”を支えてきたエレノアが、自身の体験を基に脚本を執筆。映画プロデューサーの夫を持つ妻を主人公に、夫婦の物語を紡いだ。

     映画プロデューサーのマイケルは、仕事では成功を収めているものの、妻アンには無頓着。人生の岐路に立っていると感じていたアンは、ある日、マイケルとともに仏カンヌからパリへ車で7時間かけて向かうことになる。すると、ただの移動に過ぎなかったドライブが、自分自身を見つめ直し、人生の喜びや幸福を新たに発見する旅になっていく。

     アンにダイアン・レイン、マイケルにアレック・ボールドウィンが扮するほか、俳優・監督・脚本家のアルノー・ビアールが、夫婦と旅をともにするマイケルの仕事仲間役を演じる。

     「ボンジュール、アン!」は、7月7日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

    • 0
      • -
      • -
      • -

      山崎育三郎、「美女と野獣」劇中歌で5000人魅了

      • 2017.04.30 Sunday
      • 08:06
      ご機嫌いかがですか。管理人でございます!! 驚きの報道が発生したら、 ブログに載せたくもなってしまいます。 それでは、話題に入りましょう。

       俳優の山崎育三郎(31)が29日、日本語版声優を務めるディズニー映画「美女と野獣」のライブ・オーケストライベントが東京都内で行われ、共演した昆夏美(25)と出席。スクリーンに映し出される映像に合わせた生演奏の劇中音楽を楽しめる試みで、公開中の映画では世界初。「吹き替え版は日本語の美しさを生かしていて、胸に刺さってくる。ぜひ、ご覧いただきたい」とアピール。劇中歌「ひそかな夢」などを生披露し、5000人を魅了した。

      • 0
        • -
        • -
        • -

        主演映画の公開目前 キムタク史上最大“PR大作戦”の裏事情

        • 2017.04.29 Saturday
        • 08:06
        ご機嫌いかがですか。 今日も見てくれてハッピーであります。 毎日びっくりするようなことが起きますね。 本日もブログも更新しますよ

         元SMAPの木村拓哉(44)がかつてない“史上最大の宣伝活動”を展開中だ。今月29日に公開される主演映画「無限の住人」のPRなのだが、テレビに雑誌に出ずっぱりで、その姿を見ない日がないほどだ。全国にもキャンペーンを展開していて、すでに3月30日の京都を皮切りに、広島、熊本、新潟、札幌、名古屋と計10都市の映画館を訪問。総移動距離は優に7300キロを超えるという。

        「今回のPRは、まさに木村本人の危機感が表れた結果です。配給会社が内々にリサーチした結果、厳しい予想も出された。そのため、なりふり構わない宣伝活動を行っている。俳優人生をかけているかのような必死ぶりです。もちろん、昨年のSMAP解散でついてしまった悪印象を払拭しようともしている。そのためにも、今回の映画は絶対にコケられない闘いなのです」(映画関係者)

        ■ライバルは小栗旬主演の「銀魂」

         今作の評価で今年の映画賞レースの総ナメをもくろむキムタク陣営だが、映画公開の時期もタイミングが悪いといわれている。7月に小栗旬主演の映画「銀魂」が公開される予定で、すでに大ヒットが予測されているからだ。

        「『銀魂』は漫画家・空知英秋が『少年ジャンプ』で連載中の同名コミックで、F1、F2層から絶大な支持を得ています。早くもSNSを中心に、ファンの期待度はどんどん高まっている。映画『無限の住人』には見られない現象なんです。出演者も菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、中村勘九郎、柳楽優弥、新井浩文、菜々緒、安田顕、堂本剛と超豪華キャスト。今年の最大の話題作となる見込みです」(芸能プロ幹部)

         どちらも同じ時代劇。興行収入や観客動員数を比較されるのは必至だ。キムタクが俳優人生をかけて挑んでいる映画「無限の住人」。ライバル作となりそうな「銀魂」を抑えて、大ヒットとなるのか。



        引用:主演映画の公開目前 キムタク史上最大“PR大作戦”の裏事情



        • 0
          • -
          • -
          • -

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << April 2017 >>

          スポンサードリンク

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM